DB::connect()

DB::connect() – データベースに接続する

Synopsis

object connect ( mixed $dsn , array $options = array() )

Description

新しい DB 接続オブジェクトを作成し、指定したデータベースに接続します。

Parameter

string あるいは array $dsn

データソース名。文字列形式については DSN の節、 配列形式については "導入 - 接続" の節で説明されています。

array $options

オプションの引数に、このパッケージのための実行時設定項目を 含めることができます。指定可能な項目の詳細は、 setOption() を参照ください。

Return value

object - 新しい DB オブジェクト、 あるいは失敗時には DB_Error オブジェクトを返します。

Throws

Possible PEAR_Error values
エラーコード エラーメッセージ 原因 対応法
DB_ERROR_NOT_FOUND not found 指定したデータベース用のクラスが見つかりませんでした。 $dsn を確認してください。また、 DB-package を完全にインストールしており、 DB がそのデータベースをサポートしていることを確認してください。

Note

This function should be called statically.

本体クラス (Previous) 変数が DB_Error オブジェクトかどうかを調べる (Next)
Last updated: Fri, 24 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.