DB_common::provides()

DB_common::provides() – DBMS が特定の機能をサポートしているかどうかを調べる

Synopsis

boolean provides ( string $feature )

Description

選択されたデータベースで、その機能が使用可能であるかどうかを調べます。

Parameter

string $feature

調べたい機能。

指定できる値
$feature の値 意味
prepare SQL 文の事前チェックを行います。
pconnect 持続的接続をサポートします。
transactions トランザクションをサポートします。
limit SELECT の出力結果を制限する LIMIT をサポートしています。

Return value

boolean - 機能がサポートされている場合に TRUE を返します。

Note

This function can not be called statically.

返される情報は、あくまでもヒントでしかありません。実際にサポートしている 機能については、使用するデータベースのドキュメントを参照ください。 例えば MySQL はトランザクションをサポートしてはいますが、すべての テーブル型についてサポートしているわけではありません。

Example

provides() の使用法

<?php
// $db という名前の DB オブジェクトを取得しているとします...
if ($db->provides('pconnect')) {
    echo 
"持続的接続が許可されています。\n";
}
?>
後で実行するための SQL 文を準備する (Previous) データベースにクエリを送信する (Next)
Last updated: Wed, 23 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.