DB_common::freePrepared()

DB_common::freePrepared() – プリペアド SQL ステートメントに関連付けられたリソースを開放する

Synopsis

boolean freePrepared ( resource $stmt , boolean $free_resource = true )

Description

プリペアド SQL ステートメントの内部表現を管理するために占有していた メモリを開放します。DB_result オブジェクト自身は削除 しません

Parameter

resource $stmt

prepare() から返される ステートメントリソース ID。

boolean $free_resource

PHP のリソースも開放しますか? 結果セットのデータをあとで使用する場合には false を設定します。

リリース 1.7.0 以降で使用可能です。

Return value

boolean - Returns TRUE on success, FALSE on failure.

Note

This function can not be called statically.

Example

freePrepared() の使用法

<?php
// $db という名前の DB オブジェクトを取得しているとします...
$sth $db->prepare('INSERT INTO numbers (number) VALUES (?)');
$db->execute($sth1);
$db->freePrepared($sth);
?>
配列の各要素内に準備された SQL 文を実行する (Previous) クエリを実行し、すべてのデータを配列として返す (Next)
Last updated: Fri, 24 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.