DB_common::executeMultiple()

DB_common::executeMultiple() – 配列の各要素内に準備された SQL 文を実行する

Synopsis

integer executeMultiple ( resource $stmt , array $data )

Description

$data (多次元の配列) の中の情報を自動的に execute() に渡し、 prepare() で指定した SQL 文を実行します。

Parameter

resource $stmt

prepare() が返すクエリハンドル。

array $data

クエリに挿入するデータを含む配列。

Return value

integer - 成功した場合に DB_OK、 失敗した場合に DB_Error オブジェクトを返します。

Throws

Possible PEAR_Error values
エラーコード エラーメッセージ 原因 対応法
DB_ERROR_INVALID invalid 有効な SQL 文ハンドルではありません。 現在実行している SQL 文と prepare() を調べます。 executeMultiple() に必要なのは、 prepare() が返すハンドルであって SQL 文自身ではないことに注意しましょう。
DB_ERROR_MISMATCH mismatch パラメータの数が、文中のプレースホルダの数と一致しません。 $query に渡した prepare() 済みの文中の プレースホルダの数が、$params で渡した項目の数と一致するかどうかを調べます。
DB_ERROR_NODBSELECTED no database selected データベースが選択されていません。 connect() の際の DSN を調べます。
その他のエラーコード   データベース固有のエラー。 PHP マニュアル のデータベース関連の部分を調べ、エラーの原因を判断してください。 たいていの場合は SQL 文が間違っていることが原因です。例えば Oracle データベースに対して SQL で LIMIT を使用しているなどが 考えられます。

Note

This function can not be called statically.

実行時にエラーが発生した場合は、この関数は停止します。 それ以降のデータは処理されません。

$data に渡す値は、リテラルである必要があります。 SQL 関数 (例えば CURDATE() など) を渡さないでください。 実行時に処理される SQL 関数は、プリペアドステートメント内に記述する 必要があります。

Example

executeMultiple() の使用法

<?php
// $db という名前の DB オブジェクトを取得しているとします...
$sth $db->prepare('INSERT INTO numbers VALUES (?, ?, ?)');

if (
PEAR::isError($sth)) {
    die(
$sth->getMessage());
}

$alldata = array(array(1'one''en'),
                 array(
2'two''to'),
                 array(
3'three''tre'),
                 array(
4'four''fire'));

$res =& $db->executeMultiple($sth$alldata);

if (
PEAR::isError($res)) {
    die(
$res->getMessage());
}
?>
準備された SQL 文を実行する (Previous) プリペアド SQL ステートメントに関連付けられたリソースを開放する (Next)
Last updated: Fri, 18 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.