DB_common::commit()

DB_common::commit() – 現在のトランザクションをコミットする

Synopsis

mixed commit ( )

Description

現在のトランザクションをコミットします。

Return value

integer - 成功した場合に DB_OK、 失敗した場合に DB_Error オブジェクトを返します。

Throws

Possible PEAR_Error values
エラーコード エラーメッセージ 原因 対応法
すべてのエラーコード   データベース固有のエラー。 PHP マニュアル のデータベース関連の部分をチェックし、エラーの原因を見つけます。

Note

This function can not be called statically.

DBMS として MySQL を使用している場合は、対象テーブルが InnoDB 形式を使用している場合にのみトランザクションが使用できます。

Example

commit() の使用法

<?php
// $db という名前の DB オブジェクトが作成済みであると仮定します...

$db->autoCommit(false);

$db->query('CREATE TABLE blah (a integer)');
$db->commit();

$db->query('INSERT INTO blah (a) VALUES (11)');

$res =& $db->query('SELECT a FROM blah');
if (
DB::isError($res)) {
    echo 
$res->getMessage() . "\n";
}
while (
$res->fetchInto($rowDB_FETCHMODE_ORDERED)) {
    echo 
$row[0] . "\n";
}
$res->free();

$db->query('DROP TABLE blah');
$db->commit();
?>
指定した変数に基づいて、 INSERT 文あるいは UPDATE 文を準備する (Previous) 新しいシーケンスを作成する (Next)
Last updated: Sun, 23 Nov 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.