DB_common::affectedRows()

DB_common::affectedRows() – データ更新クエリによって変更された行の数を調べる

Synopsis

integer affectedRows ( )

Description

データを操作するクエリ (例えば INSERTUPDATE あるいは DELETE など) によって変更されて行の数を調べます。 SELECT クエリの場合は 0 を返します。

Return value

integer - 行数、あるいは失敗した場合は DB_Error オブジェクトを返します。

Throws

Possible PEAR_Error values
エラーコード エラーメッセージ 原因 対応法
DB_ERROR_NOT_CAPABLE DB backend not capable データベースでこの機能がサポートされていません。 もし本当にこの機能が必要なら、別のデータベースシステムに 変更してください。

Note

This function can not be called statically.

Example

affectedRows() の使用法

<?php
// $db という名前の DB オブジェクトを取得しているとします...
$res =& $db->query('DELETE * FROM clients');

if (
PEAR::isError($res)) {
    die(
$res->getMessage());
}

echo 
'clients から ' $db->affectedRows() . ' 件のデータを削除しました';
?>
データベースへのアクセスのためのインターフェイス (Previous) 自動コミットの有効/無効を切り替える (Next)
Last updated: Wed, 17 Dec 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.