->validate()

->validate() – オブジェクトデータをチェックし、 オブジェクトの検証メソッドをコールする

Synopsis

array $DB_DataObject->validate ( )

Description

全てのオブジェクト変数が有効かどうかをチェックします。 デフォルトではカラムが整数値か文字列かをチェックします。 継承したクラスで validateEmail() のようなメソッドを定義する場合、'email' と呼ばれる行を検証するためにそのメソッドがコールされるでしょう。 更新や挿入などの前にコールしエラーメッセージを生成する場合に 役に立つでしょう。

独自の検証ルールを設定するためには このメソッドをオーバーライドしてください。

Return value

array - 検証結果あるいは TRUE

Note

This function can not be called statically.

以下の例は、PEARの検証パッケージを使用しています。

Example

検証手順

<?php
$person 
= new DataObjects_Person;
$person->get(12);
$person->setFrom($_POST['input']);
$val $person->validate();
if (
$val === TRUE) {
  
$person->update();
} else {
  foreach (
$val as $k=>$v) {
    if (
$v == false) {
      echo 
"There was something wrong with ($k)\n";
    } else {
      echo 
"($k) validated OK\n";
    }
  }
}
?>

バリデートメソッド

<?php
/* inside class DataObject_Person */
function validateEmail() {
  return 
Validate::email($this->emailtrue);
}

function 
validateHomepage() {
  return 
Validate::url($this->homepagetrue);
}
function 
validateDate() {
  return 
Validate::date($this->date"%d-%m-%Y", array(01,01,1970), array(01,01,2030));
?>
現在の結果を配列で取得する (Previous) オブジェクトのテーブル名を取得、あるいは設定する (Next)
Last updated: Thu, 28 Aug 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.