DB_DataObject::staticGet()

DB_DataObject::staticGet() – 単純な取得 (Select) リクエストで、簡潔かつ自動ロードを行う

Synopsis

mixed DB_DataObject::staticGet ( string $class , mixed $key or $value , mixed $value )

Description

このメソッドは非推奨です。::factory() および ->get() を使用することを推奨します。

この静的メソッドは、factory と get() を組み合わせたものです。 staticGet() は取得したデータをグローバル変数に格納し、 同一リクエスト内での再利用時に高速にアクセスできるようにします (データを更新するクエリが実行されると、キャッシュはクリアされます)。

Parameter

  • string $class - クラス名を指定します。

  • string $key - カラム (あるいは、2つのパラメータが与えられる場合は値) を指定します。

  • mixed $value - 値を指定します。

Return value

object mixed - FALSE あるいはオブジェクト

Throws

Possible PEAR_Error values
エラーコード エラーメッセージ 意味 解決策
DB_DATAOBJECT_ERROR_NOCLASS "$class を自動ロードできません"    
DB_DATAOBJECT_ERROR_NOCLASS "$newclass の生成エラーです"    
DB_DATAOBJECT_ERROR_NODATA "get $key $value で何もデータが返されません"    

Note

このメソッドは静的にコールされなければなりません。

Example

主キーあるいはカラムと値に基づいたデータの簡単なフェッチ

<?php
$person 
DB_DataObject::staticGet('DataObjects_Person',12);
print_r($person);
?>
単純な取得 (Select) リクエスト (Previous) 単純な取得 (Select) リクエストで、簡潔にされたもの (自動生成) (Next)
Last updated: Sun, 20 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.