->free()

->free() – リソースを解放する

Synopsis

object $DB_DataObject->free ( )

Description

DataObject はプライベートなグローバル変数として結果セットを保持しています。 通常これは結果を処理した後、もしくはリクエストの終了時に解放されます。 しかし、クエリを直接実行している、データを挿入しているなどの いくつかの状況ではデータをキャッシュする必要がありません。

このメソッドを使用することで、全ての結果セットを解放することができます (注意してください) ! このメソッドは、実行中の fetch() ループを停止させます。

通常、大量の挿入やクエリを実行している場合のみ、 このメソッドを使用する必要があります。

Note

This function can not be called statically.

Example

ループ内でリソースを解放する

<?php

for ($i 0i10000$i++) {
    
$person = new DataObjects_Person;
    
$person->query(' ... do something ... ');
    
$person->free();
}

?>
生のクエリを送出する (Previous) 取得するカラムを追加する (Next)
Last updated: Thu, 24 Jul 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.