設定の編集

設定の編集 – 設定内容を操作する方法

設定内容の作成

Config オブジェクトの中身を作成するには、 いろいろな方法があります。まず単純に、 配列を以下の例のように渡すことができます。

配列からの設定の作成

<?php
// 設定項目の配列

$conf = array(
    
'DB' => array(
        
'type' => 'mysql',
        
'host' => 'localhost',
        
'user' => 'root',
        
'pass' => 'root'
     
)
);

// Config オブジェクト

$config = new Config();
$root =& $config->parseConfig($conf,
                              
'phparray',
                              array(
'name' => 'conf'));
echo 
$root->toString('phparray', array('name' => 'conf'));
?>

または、Config に対してファイルシステム上のファイルを指定し、 そのファイルをパースさせることもできます。例えばこのようにします。 この例では、すでに妥当な XML ファイルが存在することを前提としています。

ファイルからの設定の作成

<?php
// Config オブジェクト

$config = new Config();
$root =& $config->parseConfig('/path/to/file.xml''xml');
echo 
$root->toString('phparray', array('name' => 'conf'));
?>

今のところ、Config が扱える形式は XML、PHP の配列、ini ファイル、 Apache の設定ファイル、そしてコメントとキー/値のペアからなる汎用的な型のいずれかとなります。

もちろん、 先ほどの節 の例で示したように設定をゼロから作成することも可能です。

Config でできること (Previous) サポートされるフォーマット (Next)
Last updated: Sat, 19 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.