Config::writeConfig

Config::writeConfig() – データソースにコンテナーの内容を書きます。

Synopsis

require_once 'Config.php';

mixed Config::writeConfig ( mixed $datasrc = = null , string $configType = = null , array $options = array() )

Description

このメソッドはデータソースに設定内容をデータソースに書き込みをするために ルートの Config_Container::writeDatasrc() メソッドを呼ぶでしょう。

Parameter

mixed $datasrc

データソースの書き込み先です。

string $configType

書き込みをする設定の種類です。

array $options

書き込みのオプションです。

Return value

mixed - Returns TRUE on success, PEAR_Error on failure.

Throws

Possible PEAR_Error values
エラーコード エラー値 意味 解決策
  "    

Note

This function can not be called statically.

Example

このサンプルはphp配列を含むphp設定ファイルのからXMLファイルに変換する方法です。

writeConfig()の使用法

<?php
$config 
= new Config();
$config->parseConfig(
                       
'/path/to/file.php'
               
'phparray'
                       array(
'name' => 'conf')
            );
$config->writeConfig(  '/path/to/file.xml'
                       
'xml'
                       array(
'name' => 'conf')
            );
?>
オブジェクトのルートコンテントを設定する (Previous) コンストラクタ (Next)
Last updated: Thu, 30 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.