Config_Container::writeDatasrc

Config_Container::writeDatasrc() – ファイルに書き出す

Synopsis

require_once 'Config/Container.php';

boolean Config_Container::writeDatasrc ( mixed $datasrc , string $configType , array $options = array() )

Description

デフォルトでは、このメソッドは toString() が出力する文字列をファイルに書き出します。 指定した設定型で writeDatasrc() メソッドが存在する場合、その代わりにこのメソッドがコールされます。 これにより、あなた自身で独自の保存ハンドラを追加しやすくなります。

Parameter

mixed $datasrc

データソースに関する情報。たとえば設定ファイルへのパスや dsn など。

string $configType

設定の型。

array $options

ライター用のオプション。

Return value

成功した場合に TRUE を返します。

Throws

Possible PEAR_Error values
エラーコード エラーの値 意味 対応
  "    

Note

This function can not be called statically.

項目の属性を更新する (Previous) コンソール (Next)
Last updated: Wed, 23 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.