Config_Container::getItem

Config_Container::getItem() – 特定の項目の発見を試みる

Synopsis

require_once 'Config/Container.php';

mixed Config_Container::getItem ( string $type = = null , string $name = = null , mixed $content = = null , array $attributes = = null , int $index = -1 )

Description

このメソッドはは、 指定されたパラメーターに応答する項目を発見しようとします。

このメソッドは、 タイプ'section' のオブジェクトでのみ呼ぶことができます。 ルートががセクションであることに注意してください。 このメソッドは、再帰的でなく現在の構造を維持しようとします。

Parameter

string $type

項目の種類です。(directive, section, comment, blank...)

string $name

項目名です。

mixed $content

この内容を持つ項目を発見します。

array $attributes

任意の値への属性セットを持つ項目を発見します。

integer $index

返されたオブジェクトリスト内の項目のインデックスです。 それがセットされない場合、 この名前を持つ最後の項目を返すでしょう。

Return value

mixed - 発見した項目のリファレンスか、見つからない場合はFALSEを返します。

Note

This function can not be called statically.

Example

getItem()を使用して、項目を見つける方法上の少数の例

<?php
// will return the last directive found

$directives =& $obj->getItem('directive');

// will return the last directive found with content 'root'

$directives =& $obj->getItem('directive'null'root');

// will return the fourth directive with name 'bar'

$directive_bar_4 =& $obj->getItem('directive''bar'nullnull4);

// will return the last section named 'foo'

$section_foo =& $obj->getItem('section''foo');

// will return the last section with attribute 'id' set to 'db'

$section_foo =& $obj->getItem('section''foo'null, array('id' => 'db'));
?>
アイテムの内容を取得する (Previous) 親要素が持つ子の配列における項目のインデックスを返す (Next)
Last updated: Sat, 25 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.