Config_Container::addItem

Config_Container::addItem() – このアイテムにアイテムを追加する

Synopsis

require_once 'Config/Container.php';

object Config_Container::addItem ( object &$item , string $where = 'bottom' , object $target = = null )

Description

このメソッドは現在の子コンテナに子Config_Containerを加えるでしょう。 したがって、addItem() は単に1つのセクションタイプコンテナと呼ぶことができます。 位置が指定されれば、 オブジェクトはこの位置で加えられるでしょう。 もし'before''after' が位置として指定された場合、ターゲットオブジェクトが必要です。 are specified as position, a target object is required. その後、オブジェクトは、 現在のコンテナ中のターゲットオブジェクトの位置の前、 あるいはその位置の後に加えられるでしょう。

Parameter

object &$item

コンテナオブジェクトです。

string $where

一の選択です。('bottom', 'top', 'after', 'before')

object $target

もし$whereで、 'before''after' を選択した場合に必要です。 $targetは、 このコンテナの子供のうちのひとつである必要があります。 ZendEngine2は、デフォルトでリファレンスを受け取ります。 その後、 &$target を代わりに持つことは可能でしょう。

Return value

object - 追加されたオブジェクトのリファレンスです。

Throws

Possible PEAR_Error values
エラーコード エラー値 意味 解決
  "    

Note

This function can not be called statically.

Example

addItem()でアイテムを追加する使用例

<?php
$section 
=& new Config_Container('section''conf');
$directive =& new Config_Container('directive''user''mansion');
$section->addItem($directive);
?>

別のアイテムに関連する位置とaddItem()でアイテムを追加する使用例

<?php
$section 
=& new Config_Container('section''conf');
$directive =& new Config_Container('directive''user''mansion');
$section->addItem($directive);

$comment =& new Config_Container('comment'null'Here goes my name');
$section->addItem($comment'before'$directive);
?>
コンストラクタ (Previous) コンテナの子供をカウントする (Next)
Last updated: Wed, 01 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.