constructor Cache_Lite::Cache_Lite

constructor Cache_Lite::Cache_Lite() – コンストラクタ

Synopsis

require_once 'Cache/Lite.php';

void constructor Cache_Lite::Cache_Lite ( array $options = array(NULL) )

Description

Cache_Lite コアクラスのコンストラクタです。 様々なオプションを設定するために、 引数として連想配列を与えることができます。

Parameter

array $options

様々なオプションを設定するための連想配列を指定します。

オプション データ型 デフォルト値 詳細
cacheDir string /tmp/ キャッシュファイルを配置するディレクトリ (末尾はスラッシュ) を指定します
caching boolean TRUE キャッシュの有効/無効を指定します
lifeTime integer 3600 キャッシュ生存期間を秒単位で指定します (1.6.0beta 1以降、無期限のキャッシュ生存期間を表す null 値が利用可能です) 。
fileLocking boolean TRUE ファイルロックの有効/無効を指定します (悪条件下でのキャッシュ汚染を回避することができます)
writeControl boolean TRUE 書き込み制御の有効/無効を指定します。 書き込み制御を有効にすると、 キャッシュの書き込みが若干遅くなります。 しかし、読み込み・書き込み制御を行わない場合、 いくつかのキャッシュ汚染ファイルが検出されますが、 完全な制御ではありません。
readControl boolean TRUE 読み込み制御の有効/無効を指定します。 有効な場合、制御キーがキャッシュファイルに埋め込まれ、 このキーが読み込み後計算されたキーと比較されます。
readControlType string crc32 読み込み制御のタイプを指定します (読み込み制御が有効な場合のみ)。 'md5' (md5 ハッシュ制御 (最良ですが最遅))、 'crc32' (crc32 ハッシュ制御 (若干安全性に欠けますが高速))、 あるいは 'strlen' (長さのテストだけ (最速)) のいずれかである必要があります。
pearErrorMode integer CACHE_LITE_ERROR_RETURN PEAR エラーモード (raiseError がコールされた場合) を指定します (CACHE_LITE_ERROR_RETURN は PEAR_Error オブジェクトを返します。 CACHE_LITE_ERROR_DIE はスクリプトを即時停止します (デバッグに便利です)) 。
fileNameProtection boolean TRUE ファイル名を保護するかどうかを指定します (もし true なら、あなたは全てのキャッシュ ID やグループ名を使用することができます。もし false なら、 高速ですが、ID やグループ名はキャッシュファイル名が直接使用されますので、 特殊文字などに気を付けてください) 。
automaticSerialization boolean FALSE 自動シリアライズの有効/無効を指定します (文字列ではない形式のデータを保存できるようになりますが、 動作は多少遅くなります)。
memoryCaching boolean FALSE "メモリキャッシング" の有効/無効を指定します (NB : メモリキャッシングには生存期間はなく、 スクリプトの終了だけがあります) 。
onlyMemoryCaching boolean FALSE "メモリキャッシングのみ" の有効/無効を指定します (もし有効な場合、ファイルは使用されません) 。
memoryCachingLimit integer 1000 メモリキャッシュにストアするレコードの最大数を指定します
automaticCleaningFactor integer 0 自動クリーニングプロセスの無効/設定を指定します。 自動クリーニングプロセスは、新しいキャッシュファイルを書き込むとき (与えられた生存期間に対して) 古くなったキャッシュファイルを削除します。 0 は "自動的にキャッシュクリーニングしない" という意味です。 1 は "機械的にキャッシュクリーニングする" という意味 (遅い) で、 x>1 は "x 個のキャッシュを書き込んだ場合に 1 回、 ランダムで自動的にクリーニングする" を意味します。 20 から 200 の間の値が最初の値として良いかも知れません。
hashedDirectoryLevel integer 0 ハッシュ化されたディレクトリ構造のレベルを設定します。 0 は "ハッシュ化されたディレクトリ構造を使用しない" という意味で、 1 は "1 レベルのディレクトリ"、 2 は "2 レベルのディレクトリ" を意味します。 このオプションは、何千ものキャッシュファイルがある場合にのみ Cache_Lite を高速化する事ができます。 明確なベンチマークのみ、完璧な値を選択する手助けになります。 1 あるいは 2が最初の値として良いでしょう。
errorHandlingAPIBreak boolean FALSE true に設定すると、API を少しだけ変更してしまいますが、 CACHE_LITE_ERROR_RETURN モードにおけるエラー処理がやりやすくなります (save() メソッドが PEAR_Error オブジェクトを返せるようになります)。

Throws

No exceptions thrown.

Note

This function can not be called statically.

Example

最も一般的なオプションを使用する

<?php
require_once "Cache/Lite.php";

$options = array(
    
'cacheDir' => '/tmp/',
    
'lifeTime' => 7200,
    
'pearErrorMode' => CACHE_LITE_ERROR_DIE
);

$cache = new Cache_Lite($options);

?>
Cache_Lite の導入 (Previous) キャッシュが有効かどうかをテストし、(有効であれば) それを返す (Next)
Last updated: Tue, 22 Jul 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.