Auth_Container_MDB2

Auth_Container_MDB2 – MDB2 を使用して、データベースによる認証を行う

MDB2 コンテナ

このコンテナは、 PEAR::MDB2 抽象化レイヤーを使用してデータベースへのアクセスを行います。 つまり、MDB2 がサポートしているすべてのデータベースに対して ログインデータを保存することができます。

Auth コンストラクタ() でのこのストレージ固有のオプションは、オプションの配列です。

使用可能なオプション
オプション データ型 デフォルト値 説明
"dsn" string " 有効な、正しい形式の DSN
"table" string "auth" 認証データが保存されるテーブル名。
"usernamecol" string "username" ユーザ名が保存されるカラムの名前。
"passwordcol" string "password" 暗号化されたパスワードが保存されるカラムの名前。
"db_fields" array array() ユーザの詳細情報を読み込む際に使用する追加フィールドの配列。
"cryptType" string "md5" パスワードを保存する際の暗号化方式。
"auto_quote" boolean TRUE データベースのテーブル名、フィールド名を自動的にクォートするかどうか。
"db_options" array array() PEAR::MDB2 のコンストラクタに渡すオプションの配列。 詳細は PEAR::MDB2 を参照ください。
"db_where" string " クエリの WHERE 句としてデータベースに送る文字列。 fetchData()listUsers()removeUser() および changePassword() で用いられるクエリに追加されます。 Auth 1.5.0 以降で使用可能です。

Note

デフォルトでは、MDB2 のデフォルトの可搬性設定である MDB2_PORTABILITY_ALL を使用します。この設定は、予期せぬ振る舞いをすることがあります。 たとえば、データベーススキーマでの定義にかかわらず フィールド名が小文字に変換されてしまうなどです。 "db_options" オプションを使用すると、 この設定をオーバーライドすることができます。次の例を参照ください。

MDB2 のデフォルトの可搬性設定をオーバーライドする例

<?php
$options 
= array('dsn'         => 'mysql://user:password@localhost/database',
                 
'usernamecol' => 'UserName',
                 
'passwordcol' => 'PassWord',
                 
'db_options'  => array('portability' => MDB2_PORTABILITY_ALL MDB2_PORTABILITY_FIX_CASE)
                );
$auth = new Auth('MDB2'$options'loginFunction');
?>
MDB を使用して、データベースによる認証を行う (Previous) 複数の Auth_Container に対する認証を行う (Next)
Last updated: Thu, 24 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.