Auth_Container_IMAP

Auth_Container_IMAP – IMAP サーバを使用して認証を行う

IMAP コンテナ

このストレージコンテナは、指定した IMAP サーバに接続して ユーザ名/パスワード によってログインを試みます。

Auth コンストラクタ() でのこのストレージ固有のオプションは、オプションの配列です。

使用可能なオプション
オプション データ型 デフォルト値 説明
"host" string "localhost" IMAP サーバのホスト名あるいは IP アドレス。
"port" integer 143 IMAP サーバが待ち受けているポート。
"baseDSN" string "

これは、SSL、TLS や証明書などといった接続方式を制御します。

SSL IMAP サーバに接続するには: "/imap/ssl"

SSL IMAP サーバに自己署名の証明書で接続するには: "'/imap/ssl/novalidate-cert'"

詳細なオプションは、PHP のサイトにある http://www.php.net/manual/function.imap-open.php で得られます。

"timeout" integer 20 サーバに接続する際のタイムアウト秒数。
"checkServer" boolean TRUE コンテナの開始時に、サーバに接続できるかどうかを調べるかどうか。
File_Passwd を使用して、パスワードファイルによる認証を行う (Previous) Kerberos 5 サーバを使用して認証を行う (Next)
Last updated: Fri, 19 Sep 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.