Auth のオプション

Auth のオプション – Auth の挙動を制御するオプション

Auth のオプション

各コントローラのオプションに加えて、 Auth そのものの挙動を変更するためのオプションが用意されています。

利用可能なオプション
オプション データ型 デフォルト値 説明
"sessionName" string "_authsession" この Auth セッションを識別するための名前。 Auth::setSessionName() を参照ください。
"allowLogin" boolean TRUE このページでのログインを許可するかどうか。 Auth::setAllowLogin() を参照ください。
"postUsername" string "username" 認証用のユーザ名を含むフィールドのの名前。
"postPassword" string "password" 認証用のパスワードを含むフィールドの名前。
"advancedsecurity" boolean FALSE 高度なセキュリティ機能を有効にするかどうか。 Auth::setAdvancedSecurity() を参照ください。
"enableLogging" boolean FALSE 内部のログ出力機能を有効にするかどうか。 ログ記録のサンプル および Auth::attachLogObserver() を参照ください。
"regenerateSessionId" boolean FALSE TRUE にすると、ページを読み込むたびにセッション ID を再生成します。 FALSE のままにしておくと、最初にログインした際にのみ再生成します。
使用例 (Previous) 導入 (Next)
Last updated: Wed, 27 Aug 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.