Auth::setLogoutCallback()

Auth::setLogoutCallback() – ログアウトに成功した際のコールバックを設定する

Synopsis

void Auth::setLogoutCallback ( string $loginCallback )

Description

この関数は、ユーザがログアウトに成功した際にコールされるコールバック関数を設定します。

コールバック関数にはふたつのパラメータが渡されます。 ログアウトに成功したユーザ名と、Auth オブジェクトへの参照です。

Parameter

string $loginCallback

使用するコールバック関数。

Note

This function can not be called statically.

ログインに成功した際のコールバックを設定する (Previous) Auth セッション変数に独自の名前を設定する (Next)
Last updated: Wed, 23 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

Note by: spider312@free.fr
Note that if you die() in this callback, logout procedure won't finish, and you won't be logged out

If you want to die on logout, you'll have to check authentification after logging out, and then die if it isn't ok