Auth::setExpire()

Auth::setExpire() – 認証有効期限を設定する

Synopsis

void Auth::setExpire ( integer $time , boolean $add = = false )

Description

この関数は、(ログインしてから) 認証が期限切れとなるまでの時間を新しい値に設定します。

Parameter

integer $time

認証有効期間(単位:秒)

boolean $add

TRUE の場合、 現在指定されている認証有効期間に $time が加えられます。 FALSE の場合は、$time に置き換えられます。

Note

This function can not be called statically.

Auth は、PHP のセッション機能を使用して、 ユーザの http コールの間隔を判断します。 Auth の有効期限をセッションのタイムアウトより大きくしたとしても、 PHP のセッションが期限切れになった時点で Auth も期限切れとなります。

セッションが有効かどうかを調べる際に実行されるコールバックを設定する (Previous) ログインに失敗した際のコールバックを設定する (Next)
Last updated: Sat, 22 Nov 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.