Auth::setAuthData()

Auth::setAuthData() – 認証セッションの追加情報を保存する

Synopsis

void Auth::setAuthData ( string $name , mixed $value , boolean $overwrite = true )

Description

この関数は、認証データとともに追加の情報を登録します。

Parameter

string $name

データフィールドの名前。

mixed $value

データフィールドの値。

boolean $overwrite

既存のデータフィールドを置き換えるかどうか。

Note

This function can not be called statically.

特定のユーザをログイン済みとして扱う (Previous) セッションが有効かどうかを調べる際に実行されるコールバックを設定する (Next)
Last updated: Mon, 24 Nov 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.