Auth::setAuth()

Auth::setAuth() – 特定のユーザをログイン済みとして扱う

Synopsis

void Auth::setAuth ( string $username )

Description

指定したユーザが、そのセッションでログイン済みであるとして扱います。 通常は内部的に使用するものですが、この関数を使用してログイン情報を詐称することも可能です。

Parameter

string $name

データフィールドの名前。

Note

This function can not be called statically.

この関数は session_regenerate_id() をコールします。 そのため、セッション固定攻撃 (session fixation attack) を防ぐことができます。

ユーザがログイン可能かどうかを制御する。デフォルトではオンになっている (Previous) 認証セッションの追加情報を保存する (Next)
Last updated: Sat, 25 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.