Auth::setAllowLogin()

Auth::setAllowLogin() – ユーザがログイン可能かどうかを制御する。デフォルトではオンになっている

Synopsis

void Auth::setAllowLogin ( bool $allowLogin = true )

Description

Auth が POST 変数を処理し、ユーザのログイン処理を行うかどうかを制御します。 セキュリティ向上のため、ログインページ以外のすべてのページでは ログイン機能を無効にしておくことを推奨します。

Parameter

boolean $allowLogin

ログインを有効にしたい場合は TRUE、それ以外は FALSE を指定します。

Note

This function can not be called statically.

このメソッドは 1.3.0 以降で使用可能です。

高度なセキュリティ機能を有効にする。デフォルトでは無効となっている (Previous) 特定のユーザをログイン済みとして扱う (Next)
Last updated: Mon, 21 Jul 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.