constructor Auth_PrefManager::Auth_PrefManager

constructor Auth_PrefManager::Auth_PrefManager() – コンストラクタ

Synopsis

require_once '/PrefManager.php';

bool constructor Auth_PrefManager::Auth_PrefManager ( string $dsn , array $properties = NULL , string $defaultUser )

Description

$properties は連想配列で、以下のような構造になります。 指定しなかったオプションにはデフォルト値が設定されます。

'table'

設定を取得するテーブル。[preferences]

'userColumn'

ユーザ名を探すフィールド。[user_id]

'nameColumn'

設定項目名を探すフィールド。[pref_name]

'valueColumn'

設定値を取得するフィールド。[pref_value]

'defaultUser'

デフォルト値の取得に使用するユーザ ID。[__default__]

'cacheName'

$_SESSION のキャッシュに使用するキー。[prefsCache]

'useCache'

後で使用するために値をキャッシュするかどうか。[true]

'serialize'

データの保存時のシリアライズ・取得時のアンシリアライズを行うかどうか。[false]

Parameter

string $dsn

データベース接続のための DSN、あるいは DB オブジェクト。

array $properties

設定するプロパティの配列。

string $defaultUser

管理するデフォルトユーザ。

Return value

成功したかどうかを返します。

Throws

No exceptions thrown.

Note

This function can not be called statically.

Auth_PrefManager 1.0.4 以前のバージョンで作成したユーザは、 serialize オプションを使用することはできません。これを使用すると、データが失われます。

Auth_PrefManager の簡単な使用法 (Previous) キャッシュを消去する (Next)
Last updated: Thu, 23 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.