PEAR の設定の変更

PEAR にはさまざまな設定オプションがあります。 どんな項目があるのかを知りたい場合は次のコマンドを実行します。

$ pear config-show

初心者の方はデフォルトの設定で十分間に合うでしょう。 使い始めたばかりのころは、変更することはめったにありません。 そのまま パッケージのインストール に進みましょう。

特定の項目の値を読み込む場合は config-get を使用します。次のコマンドは、 pear パッケージの .php ファイルがインストールされる場所を表示します。

$ pear config-get php_dir
/usr/share/pear

値を変更するのも、値を取得するのと同じくらい簡単です。

$ pear config-set preferred_state beta
config-set succeeded

設定を変更しても、インストール済みのパッケージには それは適用されません。たとえば data_dir の値を変更した場合などには注意が必要です。 このような場合は、$ pear upgrade --force で全パッケージを再インストールします。

設定オプション

変数名 説明 デフォルト値
bin_dir 実行可能ファイルがインストールされるディレクトリ /usr/bin
doc_dir ドキュメントがインストールされるディレクトリ /usr/lib/php/docs
ext_dir 拡張モジュールがインストールされるディレクトリ ./
php_dir PHP ファイル (PEAR のファイルなど) がインストールされるディレクトリ /usr/lib/php
cache_dir PEAR のインストーラや XMLRPC が使用するキャッシュディレクトリ /tmp/pear/cache
data_dir データファイルがインストールされるディレクトリ /usr/lib/php/data
php_bin スクリプトの実行に使用する PHP の CLI あるいは CGI バイナリ /usr/bin/php
test_dir リグレッションテストがインストールされるディレクトリ /usr/lib/php/tests
cache_ttk ローカルのキャッシュを更新せずに使い続ける秒数 (Time To Kill) 3600
preferred_state 希望するパッケージの状態 (stable, beta, alpha, devel, あるいは snapshot) stable
umask ファイルの作成時に使用する umask (Unix 系のシステムのみ) 22
verbose デバッグログレベル (0-3 で、3 がフルデバッグモード) 1
http_proxy パッケージのダウンロード時にオプションで使用する HTTP プロキシのアドレス (host:port)  
remote_config リモートの設定ファイル。 ftp を用いてリモートサーバの内容をローカルにミラーする際に使用する (PEAR 1.4+)  
auto_discover コマンドラインあるいは依存性情報から、 新規チャネルを自動的に探す 0
default_channel デフォルトのチャネル (PEAR 1.4+) pear.php.net (pecl コマンドを使用した場合は pecl.php.net)
preferred_mirror 希望するチャネルのミラー (PEAR 1.4+) pear.php.net (pecl コマンドを使用した場合は pecl.php.net)
master_server PEAR サーバ [PEAR 1.4+ で廃止] pear.php.net
password PEAR のパスワード (メンテナ用)  
sig_bin 署名の処理用のプログラム /sw/bin/gpg
sig_keydir 署名のキーのディレクトリ /etc/pearkeys
sig_keyid 署名に使用するキー  
sig_type パッケージの署名の形式 (gpg のみ) gpg
username PEAR のユーザ名 (メンテナ用)  
はじめる前に (Previous) パッケージのインストール (Next)
Last updated: Tue, 25 Nov 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

Note by: ashnazg
In order to unset a config option, use '':

pear config-set http_proxy ''

That should result in "pear config-show" showing http_proxy now set to "<not set>".