1. PECL 開発者向けの
    extsrcrelease および
    extbinrelease の変更

PECL 開発者向けの extsrcrelease および extbinrelease の変更

PECL 開発者向けの extsrcrelease および extbinrelease の変更 – package.xml 2.0 の、PECL 固有の詳細情報

特別な拡張パッケージタグ

PECL 形式の PHP 拡張モジュールのタグのほとんどは、 PEAR 形式の PHP スクリプトのリリース時のものと同じです。 すべての PECL 開発者が知っておくべき、いくつかの extsrc/extbin 固有のタグは以下のとおりです。

package.xml 2.0 における、PECL の extsrc/extbin 固有タグ
タグ 使用方法の説明
<providesextension> <providesextension> タグは <dependencies> の直後に 存在する必要があります。このタグは、このパッケージで提供される 拡張モジュールの名前をインストーラに通知し、パッケージ名と 拡張モジュール名を別にすることを可能とします。 これは、バイナリパッケージにおいて重要です (例えば PDO および PDO_windows やその他など)。
<providesextension>PDO</providesextension>
<srcpackage> あるいは <srcuri> <srcpackage> あるいは <srcuri> は <providesextension> の後に続ける必要があります。 バイナリ拡張パッケージは、<srcpackage> タグ (<channel> を含む package.xml 用) あるいは <srcuri> タグ (<uri> を含む package.xml 用) のいずれかを定義する必要があります。
<name>PDO_windowsbin</name>
<channel>pecl.php.net</channel>
<!-- 省略 -->
<providesextension>PDO</providesextension>
<srcpackage>PDO</srcpackage>
あるいは、
<name>Foo_windowsbin</name>
<uri>http://www.example.com/Foo_windowsbin-1.5.0.tgz</uri>
<!-- 省略 -->
<providesextension>Foo</providesextension>
<srcuri>http://www.example.com/Foo-1.5.0.tgz</srcuri>
<configureoption> <configureoption> タグを使うと、ユーザに何か質問をして、 その答えによって拡張モジュールのビルド方法を変更することができます。 "with" で始まる設定オプションはすべて、 その機能を有効にするかどうかという質問とみなされます。 それ以外のオプションについては、ユーザからの答えをそのまま configure に渡します。 次のような例
<configureoption name="with-blah" prompt="enable blah?" default="yes"/>
<configureoption name="foo" prompt="what foo to use?" default="bar"/>
で、ユーザがデフォルトの値を受け入れた場合の configure 行は
--with-blah --foo=bar
となります。
PECL 開発者向けの特別な情報 (Previous) package.xml バージョン 2.0 のタグの詳細リファレンス (Next)
Last updated: Wed, 22 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

Note by: mbiama
Static url

Remote

php pyrus.phar install http://angosso.net/PackageName-1.2.3.tgz