ライセンスについての告知

このドキュメントは 2004 年 4 月 2 日に発行されたものです。 2006 年 1 月 8 日に改訂され、MIT ライセンスが追加されました。 これは、PEAR パッケージをリリースする際に採用できるライセンスをまとめたものです。

PEAR Group は、 現在のライセンスに関する FAQ エントリ を次のように改訂しようと思います。

投票結果: 5 (+1), 0 (-1), 3 (+0)

現在の一覧には膨大な数のライセンスがあげられています。 つまりユーザは、さまざまなライセンスについて どこがどう違うのかを調べなくてはいけないということです。 また、現在あげられているライセンスの中には、標準の PHP ライセンスより厳しい制限を課しているもの (GPL, QPL ..) もあります。PEAR の目的は PHP が提供する機能をより広げることです。 PHP のユーザは、ライセンスの心配をすることなくあらゆる PEAR パッケージを安全に使用できるべきです。商用か非商用か、 あるいはクローズドソースかオープンソースかといったことは関係ありません。

そこで、今回の告知では、選択できるライセンスを以下のものに絞ります。

  • PHP ライセンス
  • Apache ライセンス
  • LGPL
  • BSD スタイル
  • MIT ライセンス

その他のライセンスも場合によっては認められるでしょうが、 上で述べた条件を満たさなければなりません。 現在の状況をよりシンプルにするため、 そして将来、一度決めたことを気軽に修正できるようにするため、 今回は RFC の手順を使用することにしました。

現在 PEAR に登録されているすべてのパッケージで 上の一覧以外のライセンスを採用しているものについては、 この規則にしたがってライセンスを変更する必要はありません。

その後、上でリンクされている FAQ エントリも更新され、 このドキュメントで決まった内容を反映したものになっています。

パッケージのディレクトリ構造 (Previous) 過去との互換性を失うリリースについての新しいガイドライン (Next)
Last updated: Tue, 29 Jul 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.