PEAR_XMLParser::parse

PEAR_XMLParser::parse() – parse

Synopsis

require_once '/XMLParser.php';

true|PEAR_Error PEAR_XMLParser::parse ( string $data )

Description

パースした XML にマッチする配列を返します。このコードは、 Stephan Schmidt が書いた、XML_Serializer パッケージの XML_Unserializer クラスを利用しています。そのため、タグは連想配列で表されます。 複数のタグは、0 から始まる数値添字の配列として表されます。また、 属性は attribs という名前のインデックスで表されます。 属性が存在する場合、xml タグの内容を保持するためのインデックスとしては _contents が使用されます。

Parameter

string $data

xml の内容。

Throws

例外はスローされません。

Note

This function can not be called statically.

getData (Previous) XML を処理する前に、パースできない文字やエンティティを取り除く (Next)
Last updated: Tue, 21 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.