PEAR::raiseError()

PEAR::raiseError() – 新規に PEAR_Error オブジェクトを生成し、 オプションでエラー処理手順を指定する

Synopsis

require_once 'PEAR.php';

PEAR_Error PEAR::raiseError ( mixed $message , int $code , int $mode , int|array $options , mixed $userinfo , string $error_class , boolean $skipmsg )

Description

raiseError()

Parameter

string $message

エラーメッセージ文字列または PEAR_Error オブジェクト。 値を指定しなかった場合のデフォルトのメッセージは、 unknown error です。

integer $code

エラーコード。エラー処理を容易にするため、 簡単なエラーに対してもエラーコードの使用を推奨します。

integer $mode

エラーモード。これは、PEAR_ERROR_RETURN, PEAR_ERROR_PRINT, PEAR_ERROR_TRIGGER, PEAR_ERROR_DIE, PEAR_ERROR_CALLBACK, PEAR_ERROR_EXCEPTION のいずれかとします。 詳細な情報とこれらの定数の意味については、 setErrorHandling() を参照してください。

mixed $options

エラーオプション。これは、$mode の値に依存します。 詳しくは、 setErrorHandling() に記述されています。

mixed $userinfo

ユーザ情報(オプション)。 特定のエラーに固有の情報を保存するために使用し、 任意のフォーマットを使用できます。

string $error_class

エラーオブジェクトとして使用するエラークラスの名前。デフォルト のエラークラスは PEAR_Error です。 PEAR_Error を拡張したカスタムクラスのような 他のクラスを使用する場合には、このパラメータを使用してください。

boolean $skipmsg

コンストラクタでエラーメッセージを受け付けないカスタムクラスを 使用する場合には、このパラメータを使用してください。 $error_class パラメータを使用しない場合には、 このパラメータを使用しないでください。

Return value

PEAR_Error オブジェクトが返されます。 ただし、 PEAR_ERROR_DIE が実行を終了するか、 PEAR_ERROR_EXCEPTION がハンドルされない場合を除きます。

PEAR_Error オブジェクトかどうかチェックする (Previous) PEAR パッケージにより生成されるエラーの処理方法を指定する (Next)
Last updated: Sat, 25 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.