PEAR

Table of Contents
  • はじめに — PEAR 基底クラス(デストラクタ、エラー処理)の取り扱い方法
  • 定数 — 定義済みの定数
  • PEAR::PEAR() — コンストラクタ (package developer related)
  • PEAR::_PEAR() — デストラクタ (package developer related)
  • PEAR::getStaticProperty() — スタティックプロパティを扱う (package developer related)
  • PEAR::registerShutdownFunc() — スタティッククラスのシャットダウン関数を設定する (package developer related)
  • PEAR::isError() — PEAR_Error オブジェクトかどうかチェックする
  • PEAR::raiseError() — 新規に PEAR_Error オブジェクトを生成し、 オプションでエラー処理手順を指定する
  • PEAR::setErrorHandling() — PEAR パッケージにより生成されるエラーの処理方法を指定する
  • PEAR::expectError() — 一時的なエラー処理の通常化を行うエラーコードを指定する
  • PEAR::popExpect() — 直近に指定したエラーコードに対して、一時的なエラー処理の通常化を解除する
  • PEAR::loadExtension() — OS に非依存で PHP 拡張モジュールをロードする

PEAR は、エラー処理のための機能を提供し、 さらに、エラー発生時の動作の設定も行います。 また、パッケージ開発者を支援する一連の機能も提供します。

PEAR 基底クラス (Previous) PEAR 基底クラス(デストラクタ、エラー処理)の取り扱い方法 (Next)
Last updated: Wed, 23 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.