PEAR::expectError()

PEAR::expectError() – 一時的なエラー処理の通常化を行うエラーコードを指定する

Synopsis

require_once 'PEAR.php';

integer PEAR::expectError ( mixed $errorCode = '*' )

Description

このメソッドは、(コール元で)取得したいエラー(の一覧)の指定に使用します。 指定したエラーは、エラーモードが PEAR_ERROR_RETURN となり、 常に返されるようになります。 取得したいエラーコード一覧はスタックに保持されており、 このメソッドにより、(エラーコード一覧は)そこに新しい要素として追加されます。 popExpect() メソッドでスタックから取り除くまで、 その追加したエラー一覧が有効となります。

Parameter

  • mixed $errorCode - 取得したい PEAR_Error のエラーコード、 または、その配列。 '*' を指定すると、 すべてのエラーを取得できます。

Return value

integer - エラーコードのスタックの要素の数。

Note

This function can not be called statically.

PEAR パッケージにより生成されるエラーの処理方法を指定する (Previous) 直近に指定したエラーコードに対して、一時的なエラー処理の通常化を解除する (Next)
Last updated: Fri, 24 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.